過払い請求か任意整理かを判断するなら専門家に相談

過払い金返還は実は判断がやや難しい事があります。信用情報に対する記録の問題があるからです。
情報が記録されるか否かは、借金がゼロになるかどうかに左右されます。基本的に完済扱いになった返還手続きの場合は、信用情報に記録される事はありません。一時的に記録される事はあっても、直ちに削除されるのです。

ところが借金がゼロにならない事もあるのです。現在返済中の借金の返還手続きを行う時などは、残額が発生する事もよくあります。
例えば現在150万の借金があり、過払い請求の手続きを行ったとします。ところが全額返還ではなく、40万の残額が生じてしまう事があるのです。つまり借金は110万だけ減りますが、過払い金は戻らないという扱いになります。
こういう状況になりますと、大抵は信用情報に記録されてしまうのです。それではクレジット利用が難しくなるでしょう。

ですから過払い請求の計算は、やや慎重に行う必要があるのです。その辺りの加減は、なかなか自力では判断が難しい傾向があります。自力で手続きを行うというよりは、間違いなく債務整理岡山の専門家などに任せる方が無難でしょう。
弁護士など専門家ならば、大抵は正確な数字を算出してくれますので、過払い請求をするべきかどうかも的確に判断できるからです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ