銀行カードローンの選び方

銀行カードローンは金利が低いので、どこで借りても同じと考えている人がいるようです。しかし、実際には金利に差があったり、借入・返済で手数料がかかったり、どこの銀行のカードローンを選ぶかによって大きな差が出てくることもあります。また、急いでいる人は、審査にかかる時間も重要になるでしょう。

住宅ローンを借りている人は、まずは同じ銀行でカードローンを作ることを検討してみましょう。優遇金利が適用されて、かなりお得に借りられることも多いです。
銀行を利用してカードローン30万を借りる際の金利は、14.0%くらいが平均となっています。住宅ローンを借りている人向けのカードローンなら、金利3.0%~8.0%くらいの低金利になることもあります。
住宅ローンを借りていない人は、メガバンク、ネット銀行、地方銀行などを検討してみましょう。地方銀行は営業区域内に住居もしくは勤務先がある人を対象にしていることが多いですが、その条件を満たしていれば好条件で借りられる可能性があります。自分が住んでいる地域の地方銀行も選択肢に入れてみましょう。地方銀行のほうがメガバンクよりも好条件のカードローンを用意しているということもあります。

公式サイトの商品説明ページをよく読んで、金利の条件や返済方法について比較をしましょう。カードローンの金利は実質金利となっているので、事務手数料などは気にする必要がありません。単純に金利が低いほうが条件が良いと考えられます。返済方法は、多くのケースで口座からの自動引き落としに対応しています。ATMを利用して借入や返済をしたいという人は、ATMの利用手数料もチェックポイントとなります。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ