『道の駅信州新町「そば信」』おいしいお蕎麦!

長野市から松本市へと向かう国道19号線。その道沿いにある「道の駅信州新町」のお蕎麦屋さん
「そば信」はとってもおすすめです。
何がいいかって、お蕎麦がおいしい!お蕎麦屋さんなら、それは当たり前なんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そんなことはないのです。
おいしいお店はおいしい!そうでないお店だって中にはあるのですから。

お蕎麦といってもいろいろタイプはありますが、ここのお店のお蕎麦は田舎蕎麦。
白くてお上品な更級蕎麦ではなく、ざらっとした食感の、ワイルドなのどごしがクセになる味わいです。
本当のお蕎麦の香ばしさを感じられるお蕎麦だと思います。
もちろん、これは私の趣味嗜好で「素敵」と思っているだけではなく、信州の道の駅で提供されているお料理の中から選ばれる「食の祭典コンクール」では「ざるそば」も「天ざるそば」も、金賞を獲得している、という実績もあるのです。
多くの人が「おいしいなあ」と思っている証拠ですね。

それから、お値段。
こちらは、普段、お上品なお店でお上品なお蕎麦を食べている人からみたら、信じられないかもしれないのですがとってもお安いのです!
「道の駅」の食事は、普通のレストランなどとくらべるとお安いところが多いかもしれませんが、ここは特別。
ざるそばは480円。天ざるそばは750円なのです。
普通のざるそばが750円くらいだったりするでしょう?
ざるそばのお値段で天ざるが食べられるのですよ。
コストパフォーマンスいいですよねえ。

天ぷらは季節のものが揚げられていたりします。
だから、タイミングがあえば蕗の薹などを食べることもできます。
昔からある地場産業開発センターが道の駅になったので、みょうにこじゃれてはいない、素朴な作りです。

地元の昔ながらの人は「じばさん」と呼ぶことが多いかもしれません。
道沿いにあるので迷うことはまずないですが、もし迷ったら「じばさんはどこですか?」と訊いてみるのもいいかもしれません。
通だと思ってもらえるかもしれません(まあ、通なら道を訊くことはないですが。笑)。
平日ならサラリーマン、土日祝日は家族連れなど、老若男女、多くの人が訪れます。
順番待ちになることもありますが、提供されるごはんはお蕎麦関係なので思いのほか、回転がいいから、それほど待たずに食べることができると思います。

おすすめ情報サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ